池藤ともひこの経営の心得

はじめまして! 池藤ともひこです。営業として3年間の会社員の経験を積みながら、もっと家族や、大事な人を守っていけるような経済力や時間を自分で管理していける選択肢はないかと考え、事業を立ち上げていくことを決意しました。このブログでは、僕が事業を通して大切にしていることや学びや気づきを書いていこうと思います。

経営は仲間と共に勝つことにある!

f:id:ike2ike:20180703220108j:plain

 

みなさん、こんばんは!

池藤です。

 

前回、「人は環境の生き物。誰と一緒にいるかが大事!? 」という話をさせて頂きました。

その記事は、こちら!

人は環境の生き物。誰と一緒にいるかが大事!? - 池藤ともひこの経営の心得

 

今回は更に踏み込んで、
仲間と共に勝っていく!」ということについてお話させて頂きます。

当時ITの営業マンをしていた頃の経営者のイメージは、会社のトップに立って、圧倒的なカリスマ性をもった孤高の存在、というものでした。

ですが、営業という職業柄もあり、仕事やプライベートを通じて、様々な業界の、第一線で活躍されている経営者の方々とお会いしていく中でそのイメージが徐々に変わってきました。

僕が出会ってきた、経営者の方々が話していたことをみなさんにもお伝えしていこうと思います。


経営というのはトップのカリスマ性があるかないかは、あまり重要じゃない。人生の苦楽を共にできる仲間達が、周りにどれだけいるかがとても重要なんだよ。

 

この話を聞いた時、大学時代の経験を思い出しました。大学時代は合気道にずっと打ち込んでいました。

本当に合気道が好きで、真摯に続けていけばいくほど、仲間や後輩が増え、気が付けば主将、副将に次ぐ統制長という、部の全体を鼓舞する重要なポジションにまで就かせて頂いた経験があります。

 

そのポジションまでこれたのは、合気道に対する想いもそうですが、それと同じくらい厳しい練習を共に乗り越えてきた同期や後輩どんな時でも叱咤激励して頂いた諸先輩方、多くの仲間がいたからこそ、だったなと今では思います。

 

もちろん僕には、秀でたカリスマ性があるわけではない。これは僕の周りにいる人に聞いたら、口をそろえて言うと思います(笑)でもぼく自身、自信をもって言えるのは、経営を通して、自分以上に信じることのできる仲間が多くいることです。これだけは胸をはって言えます!

 

その仲間と、今までいろんなことに挑戦して、上手くいったこと、そうじゃなかったこと、色々あります。それに自分一人じゃどうにもできないこともたくさんありました。応援してくれる友人や理想は違っても、共に目指して切磋琢磨できる仲間がいて、力を貸しあっているからこそ、今でも諦めずに挑戦し続けることができています!

 

だからこそ、今度はそんな仲間達の理想を一緒に叶えていくことが、僕の夢でもあります。

 

 

これからも仲間と支えあいながら、情熱をもって仕事をしていきます!

 

池藤ともひこ