池藤ともひこの経営の心得

はじめまして! 池藤ともひこです。営業として3年間の会社員の経験を積みながら、もっと家族や、大事な人を守っていけるような経済力や時間を自分で管理していける選択肢はないかと考え、事業を立ち上げていくことを決意しました。このブログでは、僕が事業を通して大切にしていることや学びや気づきを書いていこうと思います。

やりたいことvsやるべきこと

みなさん、こんにちは!池藤です。

 

僕は仕事もプライベートも変化を楽しみ、常に新しいことに触れることを大事にしているので、本や雑誌、Web上の記事や動画などで情報収集することが多いです。


様々なコンテンツ上で見かけたり、僕自身も最初は疑問に思っていたことに、「やりたいこととやるべきことはどちらを優先すべきか?」というテーマがありました。

 

なんとなく世の中の風潮として、「やりたいことをやろう!」というメッセージを強く感じることがありますが、その背景には、以下のような構図があると考えています。

 

やりたいこと=楽、賞賛されるもの
やるべきこと=辛い、我慢するいやなもの

 

僕自身は師匠から、表面上ではなくその奥にあるものを考える癖をつけることを学んで来たので、今回は上のテーマについて書きたいと思います!

 

f:id:ike2ike:20180710233801j:plain

本当に対立するもの?
そもそも、やるべきことってやりたいことの反対で辛いものなのでしょうか。


例えば、大好きでお付き合いしたい人がいるとします。
※恋愛話は得意ではないのですが、チャレンジであえて書きます(笑)


その人が好きな場所やものの調査、告白するまでの計画、デートプランに必要な情報収集、お店や席の予約、話題のリスト創りなど、それぞれはやるべきことになると思います。
ですが、これらは辛いものではなく、考えている時からワクワクするものではないでしょうか?

 

イメージしやすいように極端に書きましたが、やるべきことは、その先に待っているものによって捉え方が変わると考えています。

 

大事にしていくことは?
このことを踏まえると、その先に待っているものを明確にするのが重要になってきます。


そして、やるべきことに打ち込んで楽しさを見出し、やりたいことに変えていくことが大事だと思います。

やるべきことがやりたいことになり、それが理想の目標につながっていると体感できたとき、力がみなぎってくる経験を僕も何度もしてきました。

 

皆さんも、目標を決めてやるべきこととつながってくる経験をしていただけたら嬉しいです!!

 

池藤ともひこ