池藤ともひこの経営の心得

はじめまして! 池藤ともひこです。営業として3年間の会社員の経験を積みながら、もっと家族や、大事な人を守っていけるような経済力や時間を自分で管理していける選択肢はないかと考え、事業を立ち上げていくことを決意しました。このブログでは、僕が事業を通して大切にしていることや学びや気づきを書いていこうと思います。

appleのマーケティングとは?

f:id:ike2ike:20180912225250j:image

 

みなさん、こんにちは!

池藤です。

 

 

先程もお伝えしましたが本日Appleのイベント新型の製品が発表がされるかと思います!

毎年9月といえば新型iPhoneが出る月というのも定着してきましたよね♪

 

僕自身もiPhoneMacBookなどApple製品にはお世話になっているので、この日を楽しみにしていました♪

 

前回の記事はこちら

Appleと経営! - 池藤ともひこの経営の心得

 

今回はAppleの創業者であるスティーブ・ジョブスが行っていたApple独自のマーケティング手法についてご紹介させて頂きます♪

 

感情に訴えかける

ジョブズは無理矢理な売り込み方などからマーケティングという言葉は嫌いだったようです。

そんなジョブス流のマーケティングとは、

 

感情に訴えかける

 

という事だと言われています。

 

人間の一番感情が高ぶるときはいつかというと、感動したときだと思います。

 

開発段階から製品を身近に感じ、使って行く事で、ベストな使い方やシチュエーションが見えてきて、それを消費者に伝える事で感動を与える製品に繋がっていくようです。

 

注目を集める

大企業相手に挑発的なメッセージを上げる事で、世の中が気になる状況を作ったそうです。

 

これはただ声を上げるだけでなく、その言葉の裏に自社製品の確かな自信などが伝わる事で効果が何倍にもなったと思います。

 

こういう経営判断こそ、現場を重ねる事で身についていくのではないでしょうか。

 

詳しくはこちら

マーケティング嫌いだったスティーブ・ジョブズの製品はなぜ売れるか :: 株式会社イノーバ

 

感動を生む仕事をたくさんして大胆だけど効果的な経営判断の出来る経営者になります!

 

それではまた!

 

池藤ともひこ