池藤ともひこの経営の心得

はじめまして! 池藤ともひこです。営業として3年間の会社員の経験を積みながら、もっと家族や、大事な人を守っていけるような経済力や時間を自分で管理していける選択肢はないかと考え、事業を立ち上げていくことを決意しました。このブログでは、僕が事業を通して大切にしていることや学びや気づきを書いていこうと思います。

感謝を大切に!ありがとうの意味とは?

f:id:ike2ike:20181001201104j:image

みなさん、こんにちは!

池藤ともひこです。

 

僕が今いるのは、みなさんのおかげです!

そう言い切れるくらい、周りの方に感謝しています。

 

それは、僕1人では出来ないことだらけだからです。

 

今回は、この記事の中に「感謝」について興味深いことが書いてあるので紹介します。

 

日本人が囚われている「人に迷惑をかけてはいけない」の呪縛 尾原和啓氏が考える、呪いの解き方とは - ログミー

 

「感謝ができる」のが仕事ができる人の条件

ほかの誰でもなくあなたと一緒に仕事をできたことに感謝する

 

会社員の場合、仕事する相手は自分で選べないことが多いです。

 

しかし、経営者になると自分で仕事する人を決めることが出来ます。

それは、同時に相手にも僕と仕事したいかを選ぶことが出来ます。

 

誰かと一緒に仕事するのも当たり前ではないと感じます。

むしろ、誰と仕事するかはとても大事なことです。

 

「あなたと仕事をしたい」と伝えた時に「僕もあなたと仕事したい」と意思が噛み合った瞬間はとても嬉しいです。

 

 

ありがとうの意味

「ありがとう」って漢字で書くと「有ることが難しい」なんですね。だから「ありがとう」の反対って何かっていうと、「有ることが易しい」だから「当たり前なこと」なんですよ。つまり、「ありがとう」って言えるっていうことは、何か「違い」があるんですね。

 

ありがとうの意味って深いですね!

 

当たり前ではないことが「ありがとう」。

だから感謝する。

 

僕は当たり前のことはほとんどないと思っています。

誰かが何かをしてくれたおかげで、

住む場所があり、食べるものがあります。

 

そして、仲間たちにはいつも感謝しています。

 

仲間に恩返しもそうですが、恩送りとして、僕が出来ることを伝えていくのも責任だと思っています。

 

感謝を忘れずに、感謝を伝えていきます!

 

池藤ともひこ