池藤ともひこの経営の心得

はじめまして! 池藤ともひこです。営業として3年間の会社員の経験を積みながら、もっと家族や、大事な人を守っていけるような経済力や時間を自分で管理していける選択肢はないかと考え、事業を立ち上げていくことを決意しました。このブログでは、僕が事業を通して大切にしていることや学びや気づきを書いていこうと思います。

経済の必要性!

f:id:ike2ike:20181007085837j:image

 

みなさん、こんにちは!
池藤ともひこです。


稼ぐという事に対して、みなさんはどんなイメージを持っているでしょうか。

僕はどちらかと言うと、良いイメージがあります。
稼ぐということは、自分が世に貢献している証でその対価として受け取っていると思っています。


悪いイメージもあると思います。
人からお金を巻き上げるような、そんなイメージでしょうか。


経済の必要性

 

僕自身、事業の立ち上げ時は、もっともらしい大義名分や大きなビジョンを掲げてきたタイプではありません。

どちらかと言うと、現実的な問題と向き合った時に、経済的な必要性を感じて足を進めてきました。

 

世の中の経営者のイメージだと「世の中に貢献したい」や「〇〇を世界一に」みたいなビジョンを掲げて動き出す印象があるので、僕自身も本当に自分なんかが起業に踏み出して大丈夫なのだろうかと感じていました。

 

そんなときに師匠から「一歩踏み出す理由なら何でもいい」と言っていただいたのが良かったです。


将来、家族や仲間や友達のためにも、より一層気を引き締めて仕事に取り組んでいきます。

 

 

池藤ともひこ

 


この世で1番大切なのは命である。しかし、その命を守っているのはお金である。
里中李生