池藤友彦の経営の心得

はじめまして! 池藤友彦です。営業として3年間の会社員の経験を積みながら、もっと家族や、大事な人を守っていけるような経済力や時間を自分で管理していける選択肢はないかと考え、事業を立ち上げていくことを決意しました。このブログでは、僕が事業を通して大切にしていることや学びや気づきを書いていこうと思います。

お金に困らない人になるために!理想の未来に向かっているのか振り返ってみる②!

f:id:ike2ike:20190829004017j:image

 

こんにちは。
池藤ともひこです。

 

日々生活する中で、改めて、お金は大事だなと感じています。

ご飯を食べるのにも、どこかに住むのも、何に関してもお金は必要ですよね。

 

前回の記事でまだまだ紹介しきれなかったので、今回もお金についての記事を紹介します。

 

能力が低くても「お金に困らない人」たちの、ある共通点(松尾 昭仁) | マネー現代 | 講談社(1/3)

 

■働き方は様々

人生100年時代と言われている今日この頃。

定年が65歳のままでしたら、寿命がくるまで35年間という月日があります。

そんな時代、今後は、副業で稼ぐこともスタンダードな働き方になるかもしれません。

その中でも、残業することなく仕事をやり切り、成果を出して早く帰宅できる人が、評価を上げるようになっていくのではないでしょうか。

 

会社の先輩が残っているから帰れない。

残業代を稼ぐために帰宅しない。

など、目的や理由はそれぞれあると思いますが、残業をしている人が多いですよね。

 

■残業する=仕事ができる??

記事にもありますが、日本では残業するのが当たり前になっていて、「残業すれば良い成績に繋がる」と考えてる人がいるかもしれませんよね。

 

実際、僕が会社員時代の頃は、残業ばかりしていました。

そういう働き方をしていましたが、ある時気付いた時には、自分の時間が無くなっていました。

 

家族との時間を大切にしたく、このままの働き方は続けられないと思い、師匠を見つけ、経営者の道を目指し始めました。

そういう決断を通し、継続してきたからこそ結果になり、今があります。

一歩踏み出してよかったと本当に思います。

 

僕の仲間や周りにも色々な働き方の人がいます。

 

正解はないですが、自分が思い描く未来に近づいているか、立ち止まり考えてみてはいかがでしょうか。

 

僕は師匠についていくと決め、これからももっと人生を豊かにしていきます。

 

池藤ともひこ