池藤ともひこの経営の心得

はじめまして! 池藤ともひこです。営業として3年間の会社員の経験を積みながら、もっと家族や、大事な人を守っていけるような経済力や時間を自分で管理していける選択肢はないかと考え、事業を立ち上げていくことを決意しました。このブログでは、僕が事業を通して大切にしていることや学びや気づきを書いていこうと思います。

失敗は学ぶものではない!?経験すること!現代経営学創始者ピータードラッカーの教え

f:id:ike2ike:20181017144359j:image

みなさん、こんばんは!

池藤ともひこです。

 

2018年も後半にさしかかってきましたね。

今年はどんな事をやり遂げようと思ってますか?

 

あと2ヶ月半ほどありますが、僕は仕事をやり尽くして2019年を迎えたいと思ってます。

 

みなさんは、何かしら成功したい!

と今まで思ったことはありませんか?

 

例えば仕事のこのプロジェクトを成功させたい!とかプロポーズを成功させたい!などなど。うまくいったら最高ですよね?

 

今回、成功するにはどうしたらよいか、ある経営者の方の言葉に衝撃を受けたので、紹介したいと思います。

 

「失敗者が何をして失敗したかよりも、成功者が何をして成功したのか学びなさい」

 

失敗から多くの事を学ぶこと、という名言は古今東西数多くあります。

 

しかし、現代経営学やマネジメントの創始者ピータードラッカーは、人の成功から学べと言っています。

すなわち、

 

失敗は学ぶものではなく、経験することが大事であり、行動の伴わない失敗には意味がない。

 

そして同時にこうも言っています。

 

「成功してきたのと同じ貢献を続けていたのでは、失敗する。」

 

人は評価されると、評価された事を繰り返そうとします。

 

しかし、その結果新しい環境に対応できなくなることもあります。

 

何を学び、どう行動するのか

ドラッガーはこう示しています。

 

「 間違いや失敗を犯したことのない者というのは、単に無難なこと、安全なこと、つまらないことしか、 やってこなかっただけである。  逆に優れている者ほど、 数えきれない間違いを犯すものであり、これは常に新しいことに挑戦している証拠である。」

 

ピーター・ドラッカーの言葉が深いと思いました!

 

僕自身失敗から学ぶと思っていました。

実は他人の失敗を学んでも意味がない!失敗は自らが経験するもの、つまり行動した結果起こることから学ぶことを大事にしていくべきだということですよね!

 

僕は事業の師匠から、

「ビジネスと思うな!人生と思え!」

とずっと教わってきました。

 

日々現状満足せずに、新しいことにチャレンジしていくからこそ、磨かれることがたくさんありました。

 

無難な人生こそ本当に無難なのか?どうせ同じ時間を生きるのであれば、最大限望む人生、そしてその望みを形にする人生を送りたいと思います。

 

いくつになっても目標に向かって一歩踏み出すチャレンジをし続けて、そこから学び自分の人生そのものを僕は成功させたいです!!

 

池藤ともひこ