池藤ともひこの経営の心得

はじめまして! 池藤ともひこです。営業として3年間の会社員の経験を積みながら、もっと家族や、大事な人を守っていけるような経済力や時間を自分で管理していける選択肢はないかと考え、事業を立ち上げていくことを決意しました。このブログでは、僕が事業を通して大切にしていることや学びや気づきを書いていこうと思います。

自分が伝えたいもの!

f:id:ike2ike:20181026135540j:image

みなさん、こんにちは!
池藤ともひこです。

 

僕は経営者になり、自分のビジョンを明確にすることを大切にしています!

 

そして、経営は1人では成り立たないことを実感しています。

 

今回は、大食い女子・ロシアン佐藤さんに、「YouTuber社長になってからの苦悩と、その乗り越え方」が書いてある記事を紹介します!

 

ネット批判にどう向き合うか。YouTuber社長は「楽しみ続ける」と言った【ロシアン佐藤】|スター研究所

 

経営者と会社員は違う

経営はやる気だけではどうにもならないことがあって、自分ひとりで突き進んでも絶対うまくいかない。壁にぶつかったら、誰かに相談してサポートしてもらわないと乗り越えられないんです。経営は人と協力をしながら進めていくものなんだ、とひしひし感じます。

 

凄くわかります!

 

僕も師匠や仲間がいて前に進んでいます。

 

チームがあるからこそ、みんなの力を合わせて前に進めます!

 

僕はわからないことがあれば、すぐに師匠に電話して解決します。

 

相談する人も決めているので、迷いません。

 

そして、共に協力してくれる仲間がたくさんいるので、仲間が仕事を協力してくれます!

 

 

自信を持ってやりきる

「私はこれが良いと思ったからやります!」って自信を持ってやり切った方がポジティブだし、楽しいですよね。それを相手に押しつけるのではなく「私はこれが良いと思ったよ、みんなはどう思う?」と投げかけるスタイル

 

人に押しつけることは、人をコントロールしようとしています。

 

人をコントロールしようとすると、相手は嫌がります。

 

僕はしっかり相手の意見を聞いて、提案をしています。

 

例えば、「美味しい焼肉屋さんがあるから一緒に行こう!」っていうのと、「美味しい焼肉屋あるから絶対行ってね!」では全然違うと思います。

 

伝えたいことは明確か

“自分はこれを伝えたい”という軸をしっかり持つことですね。

自分なりに伝えたいことがあると思うので、それが本当に伝わるか、そして伝えた後に相手にどうなってほしいかを想像してから行動すること

 

僕は、どうしたら相手に自分の想いが伝わるかを常に考えています。

 

大事なことの1つが「自分の想いを伝えること」だと思っています。

 

仕事をするにも、仲間とのコミュニーケーションでも全てに関わります。

 

人と人との出会いは一期一会です。

 

一緒に仕事するのも嬉しい、一緒に楽しく飲めるのも嬉しい、一緒に人生良く出来たらもっと嬉しいです。

 

相手によって言葉を選びながら、相手に何を伝えたいか、相手とどうなりたいかを考えて、僕の想いを伝えていきます。

 

池藤ともひこ