池藤ともひこの経営の心得

はじめまして! 池藤ともひこです。営業として3年間の会社員の経験を積みながら、もっと家族や、大事な人を守っていけるような経済力や時間を自分で管理していける選択肢はないかと考え、事業を立ち上げていくことを決意しました。このブログでは、僕が事業を通して大切にしていることや学びや気づきを書いていこうと思います。

ブレインストーミングで脳を鍛えよう!

f:id:ike2ike:20181104154245j:image

みなさん、こんばんは!
池藤ともひこです。


寒い日が増えましたね。

上着が手放せません。

 

最近、AIやロボットが、今後世界的にさらに普及していくとよく耳にすると思います。

 

中には、大半の仕事が取られてしまうという意見もあります。

 

 

ブレインストーミングってご存知ですか?


集団で意見を出し合って、互いの意見を尊重しつつ、複数の意見をディスカッションする手法です。


 

脳(brain)の嵐(storming)と言われています。

脳内の意見を他の人たちと、嵐のようにつなげていくことです!


脳をつなげていく。この感覚がこれからものすごく大事になっていきます。


さらにこれ、ひとりで頭で考えているより良いアイデアが浮かぶんです。


この感覚を自分でコントロールできるようになると、将来的に、AIやロボット、ネットワークに従えることなく、自分の意思で色々なことを選択できるようになっていきます。


電車や道端で、スマホを使ってる人がいますが、「スマホに使われている」ように見えることってありませんか。

 

スマホなんて1つのツールに過ぎないから、そういったものでさえ自分の支配下に置く。

そのためにも、脳をつなげるという技術を今まさに鍛えていくべきです。


そのための方法が、ブレインストーミングです!

 

ブレインストーミングのコツ

とにかくバカなことでも言ってみる!

正解を言おうとか、正しいことをかっこよく言おうとか、そんなことお構いなしに、なんでも思いついたことを言ってみる。


ブレインストーミングをするときに、同じチームに美人なお姉さんがいると、ついかっこつけたことを言いたくなりますよね。

 

ですが、そういう発言より、くだらないことを言ってウケを狙う方が、そのお姉さんもクスッと笑って場も和み、和むと脳がスッと繋がりやすくなります。

 

正しいことを最初から言い続けると、だんだん意見も出にくくなってしまいます。


良いなと思ったら、褒めて褒めまくる!

大袈裟に、これでもかと褒めていると、加速して意見が出しやすくなります。

あとは、「おおー!」って驚いてみたり、拍手をしたり、リアクションがあるとやっぱり、発言もしやすいですよね。

 

これからさらに、ネットワークや技術の進歩が進んできます。

そんな中、スマホなどのツールに支配されず、自分の脳を自分でコントロールしていくという技術は、必要不可欠になっていくと思います。

 

それにやっぱり、他の人たちと意見を交換し合う機会って楽しいものですからね。


僕も仕事仲間とのブレインストーミング、今後さらに大事にしていきます!

 

 

池藤ともひこ