池藤ともひこの経営の心得

はじめまして! 池藤ともひこです。営業として3年間の会社員の経験を積みながら、もっと家族や、大事な人を守っていけるような経済力や時間を自分で管理していける選択肢はないかと考え、事業を立ち上げていくことを決意しました。このブログでは、僕が事業を通して大切にしていることや学びや気づきを書いていこうと思います。

豊かな状況になるにはどうしたから良いか!いくら稼ぐ必要があるか!

f:id:ike2ike:20181113143400j:image

みなさん、こんにちは!

池藤ともひこです。

 

僕らは100歳まで生きると、テレビや本などで取り上げられていますが、老後のお金など、いくらあれば足りるか計算したことありますか?

 

大人になって、社会でお金を稼いでいますが、どれだけ稼げば裕福な暮らしが出来、貯金も出来るのでしょうか。

 

気になる記事がありましたので、ご紹介します。

 

なぜ年収600万円超えると"貧乏"になるか | プレジデントオンライン

 

年収1000万円でも貯金がない!?

実際に年収1000万円前後の世帯の家計相談を受けても、決して豊かな状況とは言えませんね

 

記事には、年収1500万円超だと、ある程度お金を使っても貯金が出来ると書いてあります!

 

普通の会社員だと年収1500万円になる人はごく僅かだと思います。

 

最近では、税金制度が変わってきて、年収が1000万円くらいでも、大きく税金を取られてしまうため、更に稼ぐ必要がわかりました。

 

置いてけぼり世代

金保険料を「払った以上にもらえる世代」は60代以上。それ以下は「置いてけぼり世代」になる

 

僕の世代は「置いてけぼり世代」ですね!

年金を払った分はもらいたかったですが、難しいそうです。

 

また、記事には以下のようなことも記載しています。

 

新たな置いてけぼり世代は、74歳まで働かなければ老後生活が立ち行かない時代がくるのかもしれない

 

今から稼がなければならないことがとてもわかります。

 

74歳まで健康で働ける保証はどこにもないのですから。

 

働けなくなった瞬間に食べていけなくなるのは嫌ですね。

 

自分の人生を明るくするためにも、今を大切に、自分に力をつけて豊かになっていきます!

 

池藤ともひこ