池藤ともひこの経営の心得

はじめまして! 池藤ともひこです。営業として3年間の会社員の経験を積みながら、もっと家族や、大事な人を守っていけるような経済力や時間を自分で管理していける選択肢はないかと考え、事業を立ち上げていくことを決意しました。このブログでは、僕が事業を通して大切にしていることや学びや気づきを書いていこうと思います。

欲しい結果を得るために大切なこと!!優先順位の決め方とは??

f:id:ike2ike:20181114092249j:image

みなさん、おはようございます!

池藤ともひこです。

 

11月に入り、街中はもうクリスマスムード満点ですね!

 

このひと月でなんとかいい人に出会いたい!!と気合の入っている方も多いのではないでしょうか?

 

何か結果を得たい!(今の場合は彼氏、彼女が欲しい!)と思った時には、一つ一つステップを踏むことが大切ですよね!

 

そのステップが、結果に対して効果的であれば、期限までに結果を手に入れることができます。

 

そのためには段取り上手になる必要がありますね。

 

最初は映画、次に食事といった具合に、行き当たりばったりではなく、段取りを組んでいくことが必要です。

 

恋愛もそうですが、仕事も実は同じだと思います。

 

このブログは経営についてのものなので、仕事についてお話します(笑)

 

結果を得るには優先順位が大事!

f:id:ike2ike:20181113194338j:plain

 

以前の記事でもお話しましたが、何かしら得られる結果とは、優先順位によって決まってきます。

 

会社に優先順位を置けば、出世という結果が、ファッションに優先順位を置けばおしゃれになるという結果がついてくるような具合です。

 

過去記事はこちら

優先順位が大事!仕事の生産性をあげるコツ!! - 池藤ともひこの経営の心得

 

仕事をしていく上で、段取り上手な人は総じて仕事の優先順位の決め方が上手いそうです。

 

今回は仕事の優先順位の決め方についてご紹介しようと思います。

 

 

優先順位を決めるのは、一般的には緊急度と重要度!!

f:id:ike2ike:20181113194331j:plain


 

仕事の優先順位を決めるにあたって、良く言われている指標が『緊急度』と『重要度』です。

 

つまり、緊急かつ重要な仕事から片付けて、その次に緊急だけど重要でない仕事を片付けるやりかたですね。

 

緊急かつ重要な仕事には、『クライアントに今日中に送らなければいけないメール』だったり、『明日の会議に持っていく報告書の作成』などが当たると思います。

 

確かに緊急な仕事から片付けていくことは、今日、明日生きていく上で大切ですが、長期的な視点としては足りない面もあります。

 

それは、『重要かつ緊急でない仕事』に隠されています。

 

実は重要で緊急じゃないタスクが大事!?

f:id:ike2ike:20181114092207j:image

実はこの区分には長期的な業績アップに繋がる仕事であったり、自分の成長に繋がるようなタスクが隠されています。

 

新規事業の模索、本を読むことなどです。

 

やった方がいいのはわかっていても、緊急度が低いので、中々手がつかないという方が多いのではないでしょうか?

 

緊急かつ重要な仕事は仕事の方からやってくるのですが、こういった重要なのに緊急性のない仕事は自分からはやってきません。

 

自分から取り組む必要があります。

 

この区分のタスクの優先順位はどのように考えたらよいのでしょうか??

 

使えるのは難易度と効果性!!!

f:id:ike2ike:20181113194324j:plain

 

そんな時に役立つのが『難易度』と『効果性』という指標です!

 

重要かつ緊急性のないタスクに対して、新たにこの二つの指標を当てはめてみます。

 

難易度が低く、効果の高いものは、すぐにやりましょう!!!

 

難易度が高く、効果の高いものは、さらにタスクを細分化していくことが効果的だと思います。

 

難易度が低く、効果も低いものは、時間のある時にちょこちょこやります。

 

あと一つは、そもそも取り組む必要がないですね(笑)

 

このように考えていくと、重要でも緊急度の低いタスクに優先順位をつけることができます。

 

『重要度と緊急度』、『難易度と効果性』の二つの考え方で、効率の良い仕事ができるようになれば幸いです。

 

まとめ

・重要で、緊急でないタスクに、自分に成長につながるような大切なタスクがある!!

 

・『重要度と緊急度』、『難易度と効果性』の二つの考え方を持つことが大事!!

 

池藤ともひこ