池藤ともひこの経営の心得

はじめまして! 池藤ともひこです。営業として3年間の会社員の経験を積みながら、もっと家族や、大事な人を守っていけるような経済力や時間を自分で管理していける選択肢はないかと考え、事業を立ち上げていくことを決意しました。このブログでは、僕が事業を通して大切にしていることや学びや気づきを書いていこうと思います。

仕事に向き不向きは関係ない!

f:id:ike2ike:20181122234238j:image

 

みなさん、こんにちは!

池藤ともひこです。

 

僕のまわりには、SEとして会社員をやりながら事業を立ち上げの準備をしている事業仲間が多くいます。(SE以外にも看護師や営業やっている人もいます)

 

どうしてSEになったのか聞くと、結構な確率でこう返事が返ってきます。

 

「人と話すのが苦手だから、人との接触をなるべく避けたいからSEになりました」

 

仕事に向き不向きは関係ない!

大抵は大学卒、もしくは大学院卒の人が多いのですが、まだ社会に出ていない20代前半の若者が、自分にはこの仕事は向いている、向いていないと判断して仕事を選んでいます。

 

僕も就活生だった時は、同じように仕事の向き不向きがあると思っていました。だからこそ自己分析をしっかりやり、ITの営業が向いているんだと結論を出していました。

 

ところが、事業立ち上げの準備をするにあたって師匠から教わってきたことは真逆でした。

 

「仕事に向き不向きは関係ないよ。仕事に自分を合わせていくんだ。20代30代で仕事の向き不向きを決めるなんてもったいないことだよ!」

 

初めて聞いた時は驚いたのですが、今は教わった通りだなと思っています。

 

お世辞でもコミュニケーション力が高いとは言えない状態だったSEの事業仲間が、激変しているんですから。

 

ただ、人とコミュニケーションをする経験値が少なすぎただけだったんです。

 

思い通りの人生にしよう!

人は思い描いた通りの人生になる!と師匠から学んできています。

上手にコミュニケーションとりたいと思って、人と話す機会を増やしていけば、かなり上達するはずです。 

 

僕もまだまだ未熟で、壁にぶち当たることも多いのですが、ここが突破ポイントなんだ!乗り越えたらまた一回り大きくなれる!と思って日々精進していきます。

 

池藤ともひこ