池藤ともひこの経営の心得

はじめまして! 池藤ともひこです。営業として3年間の会社員の経験を積みながら、もっと家族や、大事な人を守っていけるような経済力や時間を自分で管理していける選択肢はないかと考え、事業を立ち上げていくことを決意しました。このブログでは、僕が事業を通して大切にしていることや学びや気づきを書いていこうと思います。

コミュニケーションは生もの!

f:id:ike2ike:20181016044247j:image

みなさん、こんばんは!
池藤ともひこです。


みなさん、会いたい人に会いに行っていますか?
仕事でも、メールや電話だけで済ませていないでしょうか?


チャールズ&キースのゼネラルマネジャー、青木洋明さんは、

 

デジタル時代の今だからこそ、人と人とのやりとりが大事

 

と語っています。

 

デジタル時代の現在だからこそ。店舗と販売員が担う、ブランディングの未来とは。|キャリア(ファッション求人情報)|VOGUE JAPAN

 

過去にはGODIVAZARAでも店舗開発をしていた青木さんは実店舗の世界観を作ること、空間づくりも大事にされているそうです。


SNSが主流になり、なんでもネットで購入できますが、そんな中でも顔を見てやりとりをすることが何より大事だなと、僕も仕事をしていて思います!


ただ商品が手元に届くより、その商品の思い入れや、コンセプトなどは、実際にお店に出向いた方が伝わりやすいはずです。


人間関係は生ものです。
10回のメールより、1回会う方が話も進みますし、印象も格段に変わり、付き合い方も良い方へ向かっていくと感じています。


僕もコミュニケーションを大事に、日々ハードワークしていきます!

 

池藤ともひこ