池藤ともひこの経営の心得

はじめまして! 池藤ともひこです。営業として3年間の会社員の経験を積みながら、もっと家族や、大事な人を守っていけるような経済力や時間を自分で管理していける選択肢はないかと考え、事業を立ち上げていくことを決意しました。このブログでは、僕が事業を通して大切にしていることや学びや気づきを書いていこうと思います。

目標を達成する極意とは?

f:id:ike2ike:20181005162334j:image

みなさん、こんにちは!

池藤ともひこです。

 

みなさんは会社に入る前にどんなことを考えていましたか?

 

会社に入ってからはどんな行動をしていきましたか?

 

記事には、環境の力や決めることの大切さが書いてあるので紹介します!

 

優れたリーダーはどうやって学んでいるか? 人材育成のプロが語る、指導者の学習法 - ログミー

 

トゲが無くなってしまう?

大企業になればなるほど、とても皆さんが優等生的なので、最初は「会社を変えてやる」ぐらいの気持ちで新入社員で入ってきたりするんですが、どんどん角が取れて優等生になっていって。

 

これありますよね!

会社に入るための面接では、「御社に入るために生まれてきました」とか「御社の業績を更にアップさせます」とか大きいこと言ってた気がします。

 

僕はもともとITの営業をしていたので、同期も多かったです。

その中には、会社を変えてやるって人は全然いませんでした。

 

僕自身は、会社の中でうまく生活出来るようにと、気づくと洗脳されている部分があったなと、今思うと感じます。

 

もし、自分の意見を通してでもやりたいことや貫き通すものがあれば、更に成長出来たと思っています。

 

 

決めること

「証明を持ってこい」「データを持ってこい」というような「エビデンスベース」は大事ですが、実はすごく直感でパーンって2年後まで見えているような力が一番重要だと考えた

芯がある人って「僕はこうする」と決めている気がします。

 

決めている人はぶれません!

 

だからエビデンスなんかいらない。

自分をもって証明すると感じます!

 

例えば、「将来は月収100万円稼ぐ」と決めても、友人からは「どうやって?無理でしょ!」など言われると思います。

 

しかし、やると決めたこと、まっすぐな心で相手に伝えれば、それ以上のエビデンスは無くても良いと思っています。

 

心に伝えること、本音で言えることが大事だと感じています!

 

有言実行するために、目標は言葉にして伝えていきます!

 

池藤ともひこ